トラブルQ&A 登録・納車・車検・他

エクステリア インテリア 電装・バッテリー FFヒーター ナビ・TV タイヤ メンテナンス 登録・納車・車検・他 お困りごと・クレーム
“標準ルーフ”キャンピングカーは、何ナンバーが適当?
ハイエースの標準ルーフは貨物仕様(4ナンバー)しか設定が無いので、必然的に4ナンバー登録となります。
4ナンバー車は車検を2回目から毎年実施しなければなりませんが、この条件がOKであれば、このまま4ナンバー登録で車中泊可能なクルマを製作することは可能です。
では、4ナンバー車(貨物)を5ナンバー車(乗用車)に変更して登録することは可能か?(この場合、車検は2年に1度)ということになるのですが・・・。
結論から言わせて頂くと、4ナンバー車を5ナンバー車にすることは、不可能ではありませんが、殆ど不可能に近いのです。
理由としては、5ナンバー車の車輌技術基準は、4ナンバー車のそれよりも厳しい(要求される基準が高い)からです。
ブレーキ、ダッシュボード一式、ステアリングまわり、内装部材などの技術基準を5ナンバー車の技術基準と同等かそれ以上だと証明しなければならないのです。(これは一例です)
ですが、メーカーは製造上の機密事項などもある為に、殆どの場合で技術基準の開示は行ってくれません。
なので、「標準ルーフをベースに5ナンバー登録する」というのは、車輌にもよりますが殆ど不可能に近いと言えます。
では、8ナンバー登録はどうなのか?ということになると、この標準ルーフは、室内高が1.6mに満たない為、8ナンバー登録(キャンピングカー登録)は出来ないことになります。(キャンピングカー登録の条件は他にもありますが・・・。)
但し、これは屋根をポップアップルーフにすることで問題はクリア出来ますので、8ナンバー登録は可能です。
勿論、弊社でも製作可能です。ただ、それなりの費用はかかってしまいます。
コストの面から言えば、乗る年数にもよりますが、“標準ルーフ”にこだわるのであれば、4ナンバー登録にするのが一番適当だと考えます。

車検証に記入されている“用途車種”と“型式”を教えて欲しいのですが・・・
「用途車種」とは?
特種用途自動車⇒特種の“種”は“殊”では無く“種”になります。ご注意下さい。
「車体の形状」とは?
キャンピング車⇒車検証の「車体の形状」という項目でキャンピング車と記載されます。
「型式」とは?
CBF-TRH226Kになります。その後に続くアルファベットは“フル型式”と言って車検証には記載されない部分(トヨタが装備の違いなどを識別する部分)になります。保険のお見積りの場合は、保険会社によりますがTRH226Kでお見積りが出る場合が多いです。

キャンピングカーとして登録する為の条件があるのですか?
キャンピングカーにはいくつかの条件があります。
1. 「就寝設備」の確保が必要、一人当たり、最低タテ180cm×ヨコ50cmのスペースが“就寝用”として確保され、固定されていること。
2. 「就寝定員」乗車定員の3分の1が就寝出来ることが条件です。但し、最低2人分は確保しないといけません。
3. 「水道設備」と「炊事設備」 10リットル以上の貯水能力と耐火性、換気機能が必要条件です。
以上、大まかではありますが、キャンピングカーとはこの様な条件を満たして初めてキャンピングカーとして認められ、8ナンバー登録が出来ます。
8ナンバーにするメリットは、なんといっても自動車税その他の維持費の安さにあるでしょう。3ナンバーと比較してみると良く分かります。
また、8ナンバーの車検は初回こそ2年ですが、その後もず〜〜〜っと2年毎です。長く乗る方が多い理由も分かります。

横座のシートに関してシートベルトは必要なのでしょうか?
座に関しては登録、車検でなくても大丈夫です。後部座席シートベルト着用が義務付けされましたが、自動車の保安基準では無くても良いので、シートベルトをしなくても処罰されることはありません。
しかしお客様のご要望で横座シートにシートベルトを取り付けた場合は着用していないといけません。
法規上の概念としては、シートベルトが当初から付いていないのは、していなくとも、いたしかたないが、あるのにしていないのは罰則になるという考え方のようです。くれぐれもご注意を。

キャンピングカーの税金は普通車とどの程度違うのでしょうか?
キャンピングカーと普通車の車検時の諸費用を比較してみました。(排気量等違うと比較にならないためハイエースワゴンタイプとキャンピングカータイプで比較しました)
■普通車(2700ccハイエースワゴン)
重量税 \63,000 自賠責保険 \22,470 計 \85,470
■キャンピングカー(2700ccハイエースのキャンピングカー)
重量税 \37,800 自賠責保険 \30,130 計 \67,930
差額\17,540
又、毎年春に通知が来る自動車税の方は
■普通車(2700ccハイエースワゴン)
年額 \51,000
■キャンピングカー(2700ccハイエースのキャンピングカー)
年額 \40,800
差額 \10,200
車検時の諸費用・自動車税それぞれ足すと\27,740安くなります。
普通車と比べると2割程お得になります。

異音や不具合がありましたら
いつでもご連絡、お待ちしております。

ページトップへ
ページトップへ