キャンピングカーの基礎知識

そもそもキャンピングカーとは

一般的には、日本では寝泊まりできる設備を備えた車両を「キャンピングカー」と呼んでおり、同様の大型自走式車両はアメリカでは「モーターホーム」と呼ばれています。
国内においては欧米の「モーターホーム」と呼ばれるような、まさに「動く家」として使用するような大型のタイプのものは、狭く混雑する道路事情や、運転、維持の難易度が高い為、欧米のようにあまり普及はしておらず、その使用法もそのまま旅先の同じ場所で長期滞在するといったようなものではなく、まさに「動く部屋」のように旅館、ホテルの代わりに数日泊まるといった用途が多くなっています。
日本では、「モーターホーム」ではなく、「キャンピングカー」という呼び名はその使い方としては、まさに的を射た呼称となっているように思います。
車中泊をして旅をするといった用途として、「動く家」とまではいかないものの、観光地や景観の良いところで、
「安心、安全、快適」に宿泊設備として「動く部屋」「モータールーム」として利用される方が大多数です。

キャンピングカー購入の優位点

キャンピングカーを使うことのメリットは、宿泊施設を予約すること無く寝泊まり可能な事です。
勿論どこでも、所かまわず駐車して宿泊という訳には行きませんが、きっちりとした駐車施設があればそこで、休憩、宿泊可能なため、旅のスケジュールなどを自由に組み立てやすくなり、急な変更等にも対応できます。
いろいろな所へ出かけようと言う大きなきっかけになります。
宿泊費もかからないので、ローコストです。
また、スポーツ、釣り、山登りなどのベースキャンプとして利用すれば、自由度や楽しさは大きく広がります。
さらに災害時においての緊急避難場所としてはたいへんな利便性があります。

キャンピングカー購入においての問題点

一般車両を購入する場合と比べて、購入費用が割高になってしまいます。
人気のバンコンや軽キャンピングカーであれば、それほど問題はありませんが、それ以上のサイズのモデルの場合は、車体サイズが大きいため、駐車場などのスペース確保や運転走行にも注意は必要です。
また一般車両にない装備がありますので、通常の車とは違ったメンテナンスや管理が必要になります。

キャンピングカーあれこれ

ページトップへ
ページトップへ