キャンピングカーとトイレのお話

トイレはキャンピングカーにあると便利なのか?

公衆トイレが無いような場所でのキャンプや、行楽地などでトイレが混んでいる場合など、男性なら、何とかできる場合もありますが、女性はそうはいきませんので、車内にトイレがあると便利なのは間違いありません。
小さいお子さんがいるときなども、大人と違い急なトイレになってしまう場合も多いですし、屋外のあまりきれいじゃないトイレを嫌がったりする時に、車内にトイレがあれば助かる事も多いでしょう。
キャンピングカーならではの、宿泊中の夜のトイレの場合も、真っ暗な中トイレに行くのは女性や子供は嫌がる場合が多いでしょうし、大雨や大雪などの天気が大荒れの中、トイレにいくのはかなり大変ですし、誰もが嫌でしょう。

あると便利なのはわかっているけれど、なくても・・・

急な場面などであると便利なトイレですが、実際には設置しない人も多いです。
大きな理由としては、トイレにスペースを取られてしまうのが嫌、軽キャンパーや、小型キャンパーではそもそもトイレに割けるスペースがない、などといった設置スペースの問題。
どうしても車内という限られた空間の為、それをいかに有効に使うかがキャンピングカーでは とても重要になってきます。その為、ある程度の設置スペースを必須とし、重要度が下がるトイレにスペースを割けないといった事情が多いようです。

また他の大きな理由としては、匂いや後始末など使用中、使用後の問題が挙げられます。
これは殆ど奥さんの仕事となり、まず嫌がられます。
換気や消臭剤などによってかなりのにおいを防ぐことはできますが、完全ではないので狭い空間ではやはり匂いは、とても気になるところ。
また、キャンピングカーのトイレの運命として必ず、排出された汚物を処理しないといけないと言う事。自宅や公衆トイレでは、流して終わりですので、排出物の処理など、あまり気にしたことも無いと思いますが、キャンピングカーのトイレでは、自分で処理しなければなりません。
そういった匂いや後処理の問題で、設置はしないという人のほうが圧倒手に、多数いられます。

キャンピングカーにトイレは必要か否か

トイレがあればいざというときに役に立ち、便利なのは間違いないですが実際には、車内に設置するにはスペースを必要とするため、その分荷物を積めなくなりますし、後始末も大変です。
キャンプ場も最近は、トイレもきっちりと綺麗に整備されているています。トイレは他にもあちこちに設置されていますし、かつての汚いイメージで女性や子供が嫌がるトイレでなくなっている場所もがたいへん多くなってきています。また移動中は道の駅やSA、PAなどが多数整備されてきておりトイレに困るケースもかなり少なくなっているといえます。

行楽地の混雑や渋滞時なども、キャンピングカーではない一般の車の人たちも同条件なわけですから、状況を想定して前もって早めにトイレに行っておくことで対応できそうです。
本当に何も設備のない大自然の中でキャンプや宿泊するといったような場合以外では、確実に必要とするようなケースは少なそうです。

最終的には、いざというときの為に備えておくかという部分が大きいですが、一般的には何も設備がないような大自然の中でのキャンプなどに行く機会が無ければ、備えてなくても困ることはほぼないと言えるでしょう。
ご自身のキャンピングカースタイルに合わせて導入するかを決められるのがよいでしょう

キャンピングカーあれこれ

キャンピングカーの基礎知識
一般的には、日本では寝泊まりできる設備を備えた車両を「キャンピングカー」と呼んでおり、同様の大型自走式車両はアメリカでは「モーターホーム」と呼ばれています。
キャンピングカーの種類
キャンピングカーには、その形状によって呼び方の種類があります。
それぞれにメリットデメリットがありますので、用途に応じてどのタイプが自分の使い方に適しているのかを見極める必要があります。
近年人気の軽キャンピングカー
普通車よりも広い居住空間と快適性といったキャンピングカーのイメージからは正反対ともいえる「軽キャンパー」が、今人気となっています。
キャンピングカーと「8」ナンバー
8ナンバー車とは、特殊用途自動車の事で、パトカーや消防車、救急車などの緊急自動車や郵便車などの特定事業車、タンク車、ごみ収集車などの車両に与えられるナンバーで、税金と維持費に優遇があります。
キャンピングカーと価格
キャンピングカーにはさまざまな種類があり、それによって価格もいろいろあります。
実際に軽キャンパーの100万円台程度から、海外製の、数千万円越えの超豪華なものまで、価格帯は非常に幅広くなっています。
キャンピングカーとトイレのお話
公衆トイレが無いような場所でのキャンプや、行楽地などでトイレが混んでいる場合など、男性なら、何とかできる場合もありますが、女性はそうはいきませんので、車内にトイレがあると便利なのは間違いありません。
キャンピングカーの多様なレイアウトと内装
キャンピングカーには、「バンコン」「キャブコン」「バスコン」「フルコン」「トレーラー」 「軽キャンピングカー」などの種類があり、それぞれの車内のスペースやレイアウトがありで様々な内装となっています。
オールマイティで人気なハイエースベース、
キャラバンベースのキャンピングカー

一番人気はバンコンタイプのキャンピングカーです。
なかでも、ハイエース、キャラバンをベースとした車両は他の追随を許さないほどに人気です。
ページトップへ
ページトップへ