新車ラインナップ

[製作への真摯な取組み]

カトーモーターでは、ハイエースを中心として、キャラバン、ノアなどのバン・ミニバンや、ランドクルーザーなどのSUV、シビリアン、コースターなどのマイクロバスを主なベース車両としてキャンピングカーを制作しています。
下記に掲載してあるオリジナルラインナップは、特に人気の高いハイエースをベースとしたバンコン、キャブコンといわれる車両のデータが多くなっていますが、オリジナル設計車種から簡易なレイアウト・寸法変更まで、お客様のご要望に応じた製作も承っています。他にも、キャンピングトレーラーや、バスコン、フルオーダーメイドでの車の製作、今お乗りのキャンピングカーの改造(もう少し使いやすいように)、またはリフォームといったことまで、キャンパーの方々の様々なニーズに合わせたキャンピングカーの製作を行っております。車両の制作は、国内の自社工場で一貫生産で行っており、性能面、安全面においても、より一層安心していただける体制をとっています。

また、車内の快適性を大きく左右する大変重要な要素である”断熱”については様々なデータ、資料を元に独自の研究と工夫を重ね取り組んでいます。高価な素材であっても最善と思われるなら安全で効果の高い断熱材を天井・床・壁に幾重にも豊富に採用し断熱に万全の対策を行っています。このこだわりの断熱仕様は、当社販売の新車には、もちろん全車標準装備で採用しています。こういった断熱対策に加えて、ホルムアルデヒドや、揮発性有機化合物といった有害とされる物質への対処にも真剣に取り組み、ベニヤや接着剤など、国内の安全基準は全てクリアーするのは当たり前。セラミックパウダーなどでさらに安全値を上げる努力も怠らず常に行っています。

[おすすめの選び方]

空前のアウトドアブームもあり、自動車ではかつてRVとよばれたSUVはキャンプなどアウトドアだけでなく、街乗りとしてもクールで人気の衰えを知らないほどですが、キャンピングカーも非常に人気が高まっています。
キャンピングカー専門のファクトリーであるカトーモーターでも、人気の高まりは大きく感じており、バンコンからキャブコン、フルコン、キャンピングトレーラーまで数多く取り揃えて対応しています。
そういった数多くの中で、自分にあったものを選ぶのは大変ですが、一番おすすめの選び方は自分の使い方をイメージし、その用途によって必要なもの、不用なものを見極めて車両を選ぶことです。

「普段の足としても普通に使いたい」「少人数で気楽に移動したい」「一泊やちょっとした車中泊を快適に」といったような用途ですとバンコンタイプがおすすめです。ハイエースベースなどのバンコンであれば、サイズ的にも駐車場や取り回しなどで普段使いがし易く、ベッドもしっかりとれるのでちょっとした車中泊としての利用も快適です。
ハイエースベースのバンコンなどは大変人気も高いので、売却時のリセールバリューが高いことも大きなメリットのひとつです。
キャンプ場などではない施設が整っていない場所でのキャンプや長期間の滞在をメインで考えていて、シャワーやトイレなどの設備も必須というような使い方であれば、バスコンやキャブコン、大型のバンコンといった設備にスペースを避けるタイプの選択肢がいいでしょう。

人数は何人くらいでいくのか、どのような場所で使用するのか、設備に何を求めるのか、最終的にどの部分を優先するかといったような部分を煮詰めていくと、自ずと最適なキャンピングカーが見えてくるはずです。また使い方を、こんな場合にもとか欲張らないで、シンプルに一番使いたい使い方を考えられると答えが見つけやすくなるかと思います。

最高の一台を見つけ出して素晴らしいキャンピングカーライフを!

※表示価格は全て税抜きです。

キャンピングカーのベース車両について/ハイエース・キャラバン比較 >
中古車情報はコチラ >

すべて バンコン キャブコン バスコン トレーラー オーダー

キャンピングカーご購入の際の費用について

価格は車輌本体価格を表示しております。車輌本体価格はベース車と各車輌の標準装備、標準改造費が入っております。実際にお車をご購入される際は、この車輌本体価格のほかに、ご希望のオプション装備費用および諸費用が入ってきます。諸費用は、車税(納車月からの月割り)・取得税150,000円前後(車種により異なります)・重量税24,600円(3t未満の場合)・自賠責保険36,120円(25ヶ月)・リサイクル料 14,500円(ハイエース特装)・納車費用・消費税などが別途かかります。

お見積もり ・ご購入の流れ   お見積もり・ご購入のお問い合わせはこちらまで

ページトップへ
ページトップへ