沿革

カトーモーターは1956年に、地元である新潟県三条市にて、オートバイの修理店として起業しました。
燕市・三条市は全国的に有名な「ものづくりの町」として知られており、私たちはそこで生まれ、様々な職人を見て育ってきました。
その精神は受け継がれ、妥協を許さず、クオリティの高いキャンピングカーを作り続けています。
1993年に発表し、20年以上経った今も愛されるロングセラー「オークサイド」。他にも、1998年発表のフォーシーズン、2005年発表のDD、2010年発表のK-580など、常に革新的なキャンピングカーを誕生させています。

会社沿革

昭和31年
オートバイの販売・修理店として先代が創業。
昭和54年
現代表取締役 加藤次巳智就任
昭和64年
新潟県三条市林町より、燕市小高に新社屋移転。
平成3年
ヨコハマモーターセールスの販売店としてキャンピングカー販売をスタート。
平成4年
ワクワクするもの、夢のあるものをつくりたいと、自社製作第1号ローザベースの
キャンピングカーを手掛ける。
平成5年
日本製では無かった天然木をふんだんに使用したキャンピングカーとして、
カトーモーターの原点となる 『オークサイド』1号車を発表。
ハイエース初の対面対座シートで室内スペースも有効に使う。
平成9年
FRPハイルーフを架装し、ニーズの多かった本格的シャワールームを持つ 『オールドライン』を発表。 
オークサイドの妹、『ZOO』を発表。
平成10年
コンパクトなグランビアをベースとし、バンクベッド付「FRPハイルーフ 『クィーンハット』を
架装した『チップトップ』を発表。
初のキャブコン『フォーシーズン』発表。ロデオ以降無かったボンネットキャブコンとして、
オートキャンパー長期試乗レポートにも採用された。
平成11年
グランドハイエース ロングベースを使い、チップトップの進化系『チップトップシェスタ』を発表。
平成13年
ルーフ架装で最強のバスコンバージョン『Jデッキ』 発表。
平成16年
コンパクトボディーでルーフとサイドを架装。余裕たっぷりの室内空間を実現した『イルデルフィーノ』を発表。
200系ハイエースロングをベースとし、オリジナルミドルルーフ 『ジェントリー』 を架装した
『ロングトレイン』 発表。
平成17年
200系ハイエーススーパーロングベース。常設二段ベッドを装備した『J2デッキ』 発表。
ルーフと両サイドをFRPで架装し斬新なスタイル、
バンコンでは驚異的な居住性を実現した『ディーディー』を発表。
平成18年
ルーフ架装をせず、リビング・キッチン・ベッドとそれぞれ独立したスペースと確保した
『ウィンディー』 発表。
平成21年
カトーモーターの原点オークサイドの進化系『オークサイドロイヤル』発表。
カリン材など使用し、高級感もグレードアップ。
アルミとFRPで斬新なデザイン。ミニキャブコンに旋風を巻き起こす『ボーノ』 発表。
ボーノの弟分。全長4300の『ボノボーヤ』発表。
平成22年
ハイエーススーパーロングカットボディーキャブコン。
装備充実、流れるような曲面とシャープなラインでデザインも抜群な
フラッグシップモデル『K580』を発表。
ページトップへ
ページトップへ