トラブルQ&A タイヤ

エクステリア インテリア 電装・バッテリー FFヒーター ナビ・TV タイヤ メンテナンス 登録・納車・車検・他 お困りごと・クレーム
キャンピングカーには何故ダブルタイヤ仕様が無いのですか?
簡単に言えばダブルタイヤの車が少ないからというのが理由です。
トラックタイヤの普通のサイズの大きめのものなら一本、一トン以上の許容荷重があります。と言う事は四トン以上まで大丈夫ですから、あえてコストをあげた車両を、一円でもコストを下げたい自動車メーカーは選択しないのでしょう。
ダブルタイヤがある小型トラックの理由は低床にしたいからだと想像します。高床トラックだと用途が限られてしまって、両方用意しないと売れないのでしょう。
またダブルタイヤには欠点もあると思います。一番はコスト面ですが、走行面でも、連続高速走行のコーナリングの挙動、雪国の人達にすると雪のわだちをダブルタイヤで走るのはとても走りにくいんですよ。また雪道はダブルの分、接地面積が増え抵抗が減り尻をふってたいへんです。
また、タイヤ交換のしずらさもあげられます。
たぶんそういう理由から四本のタイヤの許容荷重でまかなえない三トン積み、四トン積みになってからダブルタイヤトラックになる訳です。
カムロードベースは私もダブルがあればいいと思いますが、残念ながら、これだけキャンピングカーが売れてると言われても、自動車メーカーにして見れば、まったく微々たるもので、専用にキャンピングカーシャーシを作ってもらえるところまでは行っていません。
一部の自動車メーカーさんが、好意と専攻投資で、一般車の仕様を変えて出してくれているのが特装と言われているベース車です。

エナペタル(ビルシュタイン)のショックアブソーバーについての感想
まず、ショックアブソーバーのブランドですがエナペタル(ビルシュタイン)にしました。
エナペタルは、こちらの要望を受け付けて全て調整してもらえるので安心です。
その内容ですが、「前後のピッチングの収まりが悪く子供が車酔いをします。また、ロールスピードが速くS字の切り返しや高速道路の車線変更等で車両の操縦安定性が損なわれがちです。基本的には御社で車検証の車両重量、前後の重量配分にて減衰力を決めていただきたいのですが、しっかり感も欲しいので伸び側は少々高めに設定してください。理想は車両がフラットでサスのみが上下することを望みます。」と要望してオーダーしました。
そして、肝心の感想ですが、乗り心地はかなり硬めになりました。高速道路の継ぎ目は確実に拾っていきますので、その度に段差を乗り越えているような感覚になります。また、一般道でも舗装が痛んでいるところは同様の乗り心地になります。
次にコーナーを曲がる時ですが、これはメチャクチャ良いです。今まではコーナーを曲がる度に大きなロール(車体の傾き)があり、その度にヒヤッとしていましたが、それが全く有りませんので、安心してコーナーを曲がっていくことが出来ます。
これは、高速道路でも一般道のワインディングでも同じで、今までよりも速度は確実に高いままでコーナーを曲がっていくことが出来ます(そうは言っても無茶な運転はしていませんよ。念のために付け加えておきます。)
以前は、高速道路で大型車に追い越された際にもその度にグラッと車体が振られていましたが、それは全くなくなりました。さらに、以前はリア加重でフロントタイヤが浮いているような感覚で不安でしたが、今日はそれも無く、きちんとフロントにも加重がかかっているようで常に安定していました。
点数としては90点は付けれるのではと思っています。

キャンピングカーのタイヤの空気圧はどのくらいが適正ですか?
タイヤの空気圧はハイエース200系であれば定積時という記載があります。その規定標準圧で大丈夫です。貨物ベース(1ナンバー・4ナンバー)の車も、積載時の基準で書いてありますので、標準圧でよいでしょう。
ただ、乗用車ベースの場合は少し高め3割り増しくらいの空気圧をお勧めします。また、夏場は高速走行時にバーストする危険性が高くなりますので、どのベース車も標準値より少し高めの方が安心です。
キャンピングカーは重量がありますので、月に1回はタイヤの空気圧を点検した方が良いですね。

キャンピングカーにはバン・トラック用タイヤが良いのですか?
一般的な乗用タイヤに比べ、バン・トラックタイヤは同じサイズであっても、荷物を積んで走る分、耐荷重強度に優れています。強度が高い分、乗り心地に硬さを感じたりするデメリットはありますが、荷物や人を多く乗せて走るキャンピングカーには必須のタイヤです。
同じサイズだからと乗用車用の物をつけてしまうと、偏磨耗が起こったり強度で劣る分走行中にバーストする恐れがあります。当然車検も通りません。必ず標準装着と同じものを選びましょう。乗用車ベースの改造車(クイーンハットなど)の場合でも基本的には標準装着タイヤでOKですが、車両重量が増加している為、安心してご使用して頂く為にも、同サイズのバン・トラックタイヤをおすすめします。

異音や不具合がありましたら
いつでもご連絡、お待ちしております。

ページトップへ
ページトップへ